メタボリック対策なら

メタボリック対策ならラパルレ!

メタボリック対策ならラパルレの男のための痩身!脱メタボリックコース!
からはじめるのはいかがでしょうか?

エステ ラパルレは、メンズエステの先駆者!そのラパルレが最近脱メタボリックコースを始めました。

一味違いますよ。

今なら激安体験コースをやっていますので、とりあえずどんなものかお試しすることができますよ。





posted by メタボリック対策 at 02:47 | メタボリック対策

メタボリック対策にはサーキットダイエット

メタボリック対策には色々なダイエットが有効です。その中でサーキットダイエットと呼ばれるダイエット方法があります。

サーキットダイエットとは、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせることで、脂肪を燃焼し、体質を改善して基礎代謝を高めるダイエット方法です。

サーキットダイエットの具体的な方法は、筋トレなどの無酸素運動を30秒、ジョギングや水泳などの有酸素運動を30秒、これを3セットくりかえします。つまり、3分間で済んでしまいます。

ダイエットの常識として、これまでは、有酸素運動を30分以上続けないと脂肪が燃焼しないというのがありましたから、これは画期的とも言えます。

サーキットダイエットを試した14人が2週間で約1.5kgも減少したとの実験結果もあり、無酸素運動で気になる部分を集中的に鍛えることで、顔やウェスト、下腹部などの部分やせの効果も得ることができます。

posted by メタボリック対策 at 04:24 | メタボリック対策

メタボリック対策 チョコレートダイエットの正しいやり方

メタボリック対策のやり方としてチョコレートダイエットという手法が注目されています。

チョコレートダイエットとは、チョコレートを食べるダイエット方法です。

チョコレートダイエットと聞くと、チョコレートをたくさん食べるダイエットを連想しますが、そうではありません。1日50グラムくらい、大体板チョコ半分くらいのチョコレートを数回に分けて食前20分くらいに食べるのが基本です。

チョコレートは、カカオが70%以上のビターチョコレートを選びます。チョコレートの糖分が満腹中枢を刺激して空腹感が抑えますので、あとは普段どおりに栄養バランスのよい食事をとります。

チョコレートダイエットの応用として、同じカカオから作られたココアを利用する方法もあります。空腹時にココアをとることで、カカオのみに存在する成分テオブロミンのリラックス効果により、空腹感を抑えることができます。



posted by メタボリック対策 at 02:32 | メタボリック対策

メタボリック対策ならチョコレートダイエット

メタボリック対策には色々な方法がありますが、チョコレートダイエットなんていう方法もあります。

チョコレートダイエットとは、チョコレートを食前にとるダイエットのことです。

チョコレートダイエットなんて、ちょっと不思議な感じがしますが、チョコレートに入っている糖分が速やかに吸収されることで、血糖値が上昇して満腹中枢が刺激されるので、食事の量を減らすことができるのです。

また、チョコレートの原料であるカカオには、タンニンが含まれていて、便秘予防の効果もあり、さらには近年注目されているカカオポリフェノールが甲状腺を刺激するので基礎代謝がアップするというダイエット効果もあるそうです。

チョコレートダイエットは、甘いものがやめられない人にとってはうってつけのダイエット方法となるかもしれませんね。



posted by メタボリック対策 at 02:30 | メタボリック対策

メタボリックシンドローム 予防法

メタボリック症候群の予防法は、蓄積した内臓脂肪が引き起こすと言われていますから、まず、内臓脂肪を減らすよう、肥満を解消することが大事だと思います。

そのためにも、有酸素運動で、内臓脂肪を予防しましょう。

また、食事では、早食い、まとめ食い、朝食抜き、夜食、間食をさけ、脂肪の摂取を制限すること、食物繊維を多く摂取するように心掛けるのもいいでしょう。

禁煙、適切な飲酒量を守ることも大切なことです。

また、メタボリック症候群によって起こる、動脈硬化から進行する心筋梗塞や脳卒中といった、突然死は、急な発汗などによって脱水状態になり、血液がドロドロになることによって起こりやすくなるようです。

ですので、運動やサウナの前後には、適宜水分を摂取するようにしたほうがよさそうです。

脳梗塞や心筋梗塞で突然死した人は、3人に1人が、就寝中に突然発作が起きて死亡しています。

そのため、寝る前と起きた直後に水を飲むようにしましょうね。

posted by メタボリック対策 at 02:39 | メタボリック対策

メタボリックシンドロームとは

メタボリック症候群(代謝症候群)とは、「メタボリックシンドローム」とも呼ばれ、心臓病や脳卒中を引き起こす危険の高い状態だそうです。最近よく耳にしますね。

メタボリック症候群は、「肥満」、「糖尿病」、「高血圧」、「高脂血症」などの危険因子が集積する病態であり、「死の四重奏」と呼ばれていました。

現在は「喫煙」を加え「死の五重奏」と言われています。

また、肥満にも男性に多い内臓脂肪型肥満と女性に多い皮下脂肪型肥満があり、リスクが高いのは内臓脂肪型肥満で、ウェスト周囲に注意することが必要です。

致死的な病気を発症するまで通常は無症状ですが、時に急性心筋梗塞などを発症し、場合によっては死につながることもある、潜在的に危険な状態と言えるでしょう。

WHO(世界保健機構)によれば、この症候群にかかっている人は、現在、世界的に増え続けており、米国では、実に成人の30〜40%もの人が該当しているそうです。

日本人では特に中年以降の男性に多く、一般の人の中で5人に1人くらいいることが判明しています。

posted by メタボリック対策 at 02:31 | メタボリック対策
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。